MENU

医学部大学受験コース

1教科64000円〜オンライン対応 高校生・浪人生(英語・数学・物理・化学・生物・小論文・面接応対)
他塾で満足できなかった方! 医学部専門講師チームがあなたの学力を伸ばします!

1教科からでも/予備校と併用も/弱点教科短期集中もok!

kobetsu_bnr01

医学部大学合格コース(現役・浪人・医学部編入生)

個人塾から 医学部へ!青春の夢に忠実であれ!
長い冬が終わりをつげ、希望溢れる春がやってきました。ご家族様のご心労推察いたします。医学部受験は本当に大変です。個人塾から全国医学部9500人のうちの一人を輩出できたことを光栄に思います。また医学部チームの諸先生方、ご指導有難うございました。本当にご苦労様でした。またコロナ禍で普段の生活が激変する現状で、合格した生徒様には従前の生活を取り戻せるような医師としての明るい未来を心からお祈りします。 未来を考えない者に未来はない!ヘンリーフォードの名言ですが、夢や目標の実現のためには日々の具体的な活動をしなければなりません。 浪人生に朗報!医歯薬講師は平日10:00-14:00 17:00-21:00に空きがあります。ご連絡いただいた時点で既に授業が入っている場合は何とぞご容赦下さい。

佐藤英数学院を選ぶメリット    来春!  夢の扉を開けるのは君だ!

雨後の筍のように塾ができ、昔ながらの個人塾が淘汰されていく中で、利益追求でなく受験生の良き伴走者を目指す無名塾の趣旨に御賛同いただいた医学部受験専門の経験豊富な諸先生方と出会い、医学部受験コースが誕生いたしました。今、予備校の授業に不安や自学自習に限界を感じている受験生が多くいます。佐藤英数学院では他の塾と比較して低廉な学費で医学部受験対策ができます。浪人生や編入生もご指導いたします。 1教科からでも予備校との併用も弱点教科の短期集中講座も選択でき、フレキシブルに対応します。 こんな指導を心掛けています。
1.その日学習した内容はもちろんのこと、授業後のご家庭での質問にも次回お答えします。
2.毎回の授業の進捗状況のご報告をご父母さまにしています。
3.日々前進を実感できる指導。今まで解けなかった問題ができるようになった、点と点がつながり応用力がついた等
4.医学部受験指導歴10年以上のベテラン講師陣チームが一丸となって1次合格、小論文対策、2次合格までフルサポートします。
5.珈琲タイムには合格への夢香る 挽きたてコーヒーでヒーリング。
6.すべての受験教科を当塾で指導する生徒にはフルサポートとして特別に教室を自習室として開放しています。(午前中~午後4時まで先着1名限定) 授業料一時間8000円〜 で医学部受験経験歴10年以上のベテラン講師のマンツーマン指導が受けられます。

医歯薬大学コース(現役・浪人・医学部編入生)概要 がんばれ!受験生! 2次合格まで伴走します‼

医歯薬大学受験 授業料   1科目 64000円~(月4回×2時間)128000円(月8回×2時間)短期集中講座コース3か月有り <指導例> 英語:週3時間×2 数学:週2時間×2 物理・化学:週2時間×2 生物:週2時間×1
入会金30000円  カリキュラム作成費 無料 教室維持費 月5000円

〇単科マンツーマンコース
予備校との併用で1教科から選べる単科コースです。英語・数学・物理・化学・生物から1教科でも選択できます。
個性的な実力派の諸先生の体験授業を受けてください。基礎からでも発展的な内容でもご相談ください。
授業で質問ができない生徒や入試前の過去問対策なども承ります。疑問点を残さないことが勝利の方程式です。ダブル塾が最近の傾向です
〇弱点克服短期集中コース
集団ではなくマンツーマンで弱点教科克服コースです。特に強化したい教科を2~3か月を目安に短期集中して学習します。
現在の伸び悩んでいる状態から脱却し、成功体験を積み上げて自信をもって入試に臨むことを期待します。
個別学習ですので他を気にせず集中して学習できます。楽しく学べ!
〇私立医学部受験コース
個人塾から医学部へ!信じられないでしょうが、本当の話です。
国立医学部はもちろん、私立医大にターゲットを絞った経験豊かな合格実績を持つメディカル専門チーム(文系3理系3)が
熱意・誠意・創意をもってお世話します。英語・数学・物理・化学・生物・面接応対・小論文各担当者が全員一丸となって情報を共有して受験生の良き伴走者となるよう日々前進努力しています。
マンツーマン個人指導ですから生徒様のニーズに合った指導が可能です。2次合格まで全力でサポートします。青春の夢をあきらめるな!

各科の指導方針

<英語の指導方針>
1.予備校や塾の一方通行の講義式の一斉授業ではなく、ただ一名の生徒さんから自由に発信していただいて神対応します。 2. とにかく解説が丁寧。単語、熟語、前置詞、文法、構文、英作文、速読、精読、会話のわからないことは何でも解説が丁寧で親切。安心して学べる。特製例文集使います。 3. 単語の意味の思い出しかたを1語1語教えてあげます。 4. 対で読み、対で解くやり方を教えます。 5. 長文読解の大切な文の見抜き方を教えます。
<数学の指導方針>
医学部入試の突破に必要とされるのは難問が解けることではなく、基本問題や入試標準レベルの問題を確実に解けるようになることです。数学は積み重ねの学問であり、基本がしっかりしていないと応用が利きにくくなります。個別指導を行う最大のメリットは、本人が気づけていない問題点を指摘して学力を高めていけることです。 基本がしっかりしていない生徒さんは意外と多いです。それから、解法パターンを学んでから実践に入っていく段階でつまづいてしまう生徒さんも多いです。 勉強していて知識はあるのに点数に結びつかないのです。どのような場合でも、生徒さんの状況に合わせて適切な学習をしていくことができれば間違いなく学力は向上していきます。当塾では成績が伸び悩んでいたり、困っていることがあれば問題を解決し、本人の努力が着実に学力の向上に繋がるよう指導させていただきます。 お気軽にご相談いただけたら幸いです。
<物理の指導方針>
学習の仕方は、数学と同じように見えます。
①教科書と傍用の問題集を学習した後、受験用の問題集を用いて②標準的な解法を学習する。その後③演習によって得点力アップを目指す流れとなります。
数学と異なるのは、受験生がつまづくポイントです。
まずは初歩的なことですが、物理の学習のカギは現象をしっかり理解することになります。
物理現象を理解して初めて式を立てることができるので、単に公式を当てはめれば良いというスタンスでは伸び悩んでしまいます。
また、教科書レベルから入試レベルの内容に進むところもつまづきやすいポイントです。
単に難易度が上がるからということもありますが、解答を読んでも教科書に載っていない考え方がされているため理解ができなかったりするからです。
そういうときに、教えてもらうことできれば一番早いです。
そこを乗り越えられれば後は合格点が取れるようになるまで演習あるのみです。
個別指導であれば、本人の状況を把握して適切な指導をしていくことができますので、共に難所を乗り越えていきましょう。
合格点が取れるようになるまでサポートさせていただきます。
<化学の指導方針>
化学は、ほんの少し教科書レベルから進んだ内容まで行えば、暗記科目ではなくなります。 普通よりちょっと時間と期間がかかるかもしれませんが、東大・京大・国公立医学部レベルの入試で化学を切り札にしたいのであれば力になります。 長年の塾・予備校での指導経験を生かして大手予備校以上の講義を個別で実現させます。決して楽では無いし厳しいかもしれませんが、自分の将来の為に努力する覚悟のある方はいつでも来てください。もちろん学校補習的な内容も承りますし、進路指導的な内容なども承ります。医学部受験に関する事は熟知しておりますので、医学部進学を考えている方の力になれるかと思います。 medical講師チーム(文系3名理系3名)が受験教科を全て指導し合格を強力にサポートします。 医歯薬受験の合否を握るのは理系科目です。お早めにお申し込みください。医師薬系大学への受験に特化したベテラン講師陣があなたをお待ちしています。
<生物の指導方針>
生物の入試問題は年々、問われる知識が細分化されていて、かつ思考力と表現が求められる傾向が強まっています。生命科学の進展に伴うもので、医学部受験はいちだんとこの傾向に拍車がかかっています。 対策は、教科書の重要用語とその内容を徹底して暗記、理解することが先決です。知識の補完として資料集を併用するのが鉄則ですが、生物を得点源とするためには、過去から現在の普遍的な設問と思考力を問う良問を解くことで実力を上げる必要があります。 本授業では、これらの側面を徹底して合格点を確保していきます。 思考力を高めて確実に得点するには、知識のネットワークをつくり生命現象を体系的に理解し、アウトプットすることが不可欠です。 ともにがんばりましょう。
<小論文の指導方針>
小論文は医師としての適性と論理的に説明できる能力、さらには思考力を問うものです。文章は論理的でありながらこころを打つ、さらに惹きつける内容であれば小論文については合格をつかむことができます。 医学部の小論文のテーマは、安楽死や尊厳死、臓器移植、など直接、医療に直接かかわるものから、環境問題、国際化など一般的な社会問題まで幅広く出題されます。日ごろから知識と情報を蓄積し、考えることを不断に続けることが小論文上達の近道です。このようなインプットとアウトプットの繰り返しは、社会人、医師になっても必要とされます。 文章を筋道立てて表明し、自分の考えをアウトプットできるようになるには、スポーツや他の受験科目と同様に日ごろの鍛錬が欠かせません。 これなくして、いきなり書ける人はこの世にいません。 小論文を書く際に必須である論理的思考は、生涯を貫いて活用できるものです。 医学部、他学部受験で合格する水準を遥かに上回る文章力を体得することはもとより社会人、医師になってからも活用し得る力をつけてゆこう!

物理の確認テスト(問題例.解答例をクリックすると問題が出てきます)

問題例 解答例

各講師のプロフィール

英語担当
関口特別講師(東京外語大卒)

吉田特別講師(慶応大学法学部卒)

入野田特別講師(上智大卒・ハワイ大学修士課程・イリノイ大学博士課程取得)

数学化学生物英語担当
村井特別講師(東京大学卒)

化学担当
A特別講師(東京大学医学部卒)

数学物理担当
小林特別講師(東京工業大学工学部卒)

生物・小論文・面接応対担当
松本特別講師(北海道大学卒)

合格実績等は各講師紹介ページをご覧下さい。
※医歯薬特別講師の体験は全て有料一時間8000円です。
また募集中であっても既に予約で満席の場合もございますのでご容赦願います。

医歯薬学部合格実績

2021年合格実績

医学部医学科:聖マリアンナ(医学)北里大学(医学)東邦大学(医学)東京医科大学(医学)昭和大学(医学)川崎医大(医学) 国際医療福祉大学(医学)順天堂大学(医学)杏林大学医学 獨協医科大学 東京女子医科大学 岩手医科大学 藤田医科大 薬学部:帝京大学(薬)

2020年合格実績

医学部医学科:千葉大学医学部。慶應大学医学部(補欠)。日本医科大学。東邦大学医学部推薦。日大医 金沢医  獨協医科 聖マリアンナ医科 東京医科 福岡医 私立大学理系:東京理科大経営学部。明治大学理工学部。上智大学理工学部。中央大学理工学部。法政大学理工学部。成蹊大学理工学部。日本大学生物資源学部。東京農業大学生命科学部。薬学部:日本薬科 帝京平成 帝京 歯学部:岩手医科大学歯学部、明海大学歯学部。私立文系:成城大学文芸学部。

2019年合格実績

医学部医学科:東海大学医学部 獨協医科大学(医)帝京(医) 国立大学:東大(理一)千葉大(工) 私立大学理系:慶應(理工)早稲田(理工) 理科大(工・理工)九州大(理)上智( 理工)名古屋(理) 芝浦工大(工) 私立大学文系:法政(経)拓殖(政経)立正(経済)武蔵野(経)立教(社)

2018年合格実績

≪医歯薬講師・プロ講師による実績≫ 中学実績: 芝 早稲田 品川女子  栄東 大妻 成城 専修大松戸 日大第一 国府台女子 慶応普通部 駒場東邦 高校実績: 県立:県立千葉 千葉女子 千葉東 県立船橋  都立: 都立両国 都立日比谷 都立新宿 大学実績: 大阪医科大学 防衛医大 慈恵医大 埼玉医大 横浜市立大(医) 日大(工) 北里 大(医・獣)慶応(医)筑波大(医)

2017年合格実績

村井医歯薬講師 秋田大・医,埼玉医大,帝京大・医,北里大・医,東邦大・医,東京女子医大,聖マリ,日大・歯,奥羽大・歯,近畿大・医,群馬大・医,金沢医大,宮崎大・医,島根大・医,山梨大・医,川崎医大,岩手医大,明治薬科大など
関口医歯薬講師 【国公立大医学部合格】東京医科歯科大医学部。京都府立医科大学。千葉大医学部。東北大学医学部。浜松医科大医。筑波大医学類地域枠推薦。山形大医学部。福島県立医科大学。三重大医学部。山口大医学部 【私立大医学部合格】慶応大学医学部。日本医科大。順天堂大医。東京医大。昭和大医学部。北里大医学部。東邦大医学部特待生。愛知医科大特待生。帝京大医学部推薦。帝京大医学部。東海大学医学部。埼玉医科大学後期。金沢医科大学。順天堂大スポーツ健康学部推薦。近畿大学医学部後期。福岡大学医学部。久留米大学医学部。日本獣医畜産生命科学大学―獣医。順天堂大看護医療。聖路加大学看護。東京医科大学看護。東京医科大学特待生。

 

今年度の入試状況と来年度への対策

各教科の傾向と対策

◆物理
どの大学も各々の傾向に沿った頻出問題が多く出題されました。全体を把握した上で、必要事項を素早く解答することが求められています。来年度もこの傾向が続くと予想されます。対策としては、典型問題に関して「全体構造」を捉え、地道に書き出すという訓練が必要であると考えられます。

◆化学
陽イオン交換樹脂が多くの医学部で出題された模様です。環境問題を反映していると思われます。また、電池では燃料電池が主な出題になると予想されます。鉛蓄電池やダニエル電池よりも燃料電池を勉強しておきましょう。

◆数学
難易度のあまり高くない医学部の数学ではひねった問題は少なく、バリエーション豊かな積分計算パターンを確実に網羅して最後まで手計算で正解を出せるまで練習することが得点力に結びつくと感じました。

◆生物
有名な実験の数十パターンについて実験の意義・実験者名・実験の手順・実験結果を理解・暗記しておくことが大切です。カラー資料集で確認しておきましょう。生物学は日進月歩ですので、数学のように導き出すことができる科目とは異なり、ある程度天下り式に覚えておくことが得点力になります。

◆英語

医学部対策予備校や塾のパンフレットで医学部英語の傾向と対策を読んでも
実感としてわかったことがございません。
わが学院の医学部英語科としましては、文章ではなく、
生徒一人一人の志望大学の最新の過去問を授業として丁寧に読ませて解かせて、
難易度、出題形式、出題内容などを実感していただくことにしております。
10月1日から志望大学の過去問を始められるように、それまでの準備が極めて重要になります。
中1から高3あるいは高卒まで、つまり、今までの実力こそが重要なのです。
ですから私と勉強していただけませんか(関口)